バリスタを始めてそろそろ20年、コーヒーの楽しみ方は様々なれど、真の嗜好品の域を目指したいものです。

稲荷町珈琲に寄らせていただきました。

入店

仕事で東京都台東区は浅草まで来ました。

雷門周辺には人出が戻ってきていたので

あえてそちらには行かないようにして

小一時間程の休憩中に行ける珈琲屋さんがないか探していると

オンリーさんはお休みでした残念。

引き続き探しているとありました。

「稲荷町珈琲」さんです。

浅草からは徒歩で10分ほどでしょうか。暑さには参りましたが

到着できた時の嬉しさで暑さも吹っ飛びました!

200gで700円〜900円の価格帯でお買い求めやすいです。

日曜日祝日には値段はそのままに20%増量してくださいます。

せっかく寄らせていただいたので今日のコーヒーとして販売されていた

ホットコーヒー「ケニア」と珈琲豆「ピコクリストバル」を200g

購入させていただきました。その場でいただいたホットコーヒーは

ホッとする味わい。暑い時には何かとアイスコーヒーを頼みがちですが

その場一時は癒えても、その後のことを考えると余計に喉が渇き

体も冷えてしまいます。酸味もなくクセもなく

ほんのりとした苦味と焙煎香を味わえて疲れも癒えました。

それもすぐにお出しいただいて1杯180円、ありがたいです!

ピコクリストバルは久々の購入!出会いをくれた稲荷町珈琲さんに感謝です。

また寄らせていただきます。

仕事を済ませて自宅に帰ったらピコクリストバルを点てて飲んでみますが

まずはピコクリストバルのご紹介。

コロンビアの最北部にあって最高峰と言われているクリストバル・コロン山を

フランス語ではPico Cristóbal Colónと呼んでいます。

ここで栽培されている珈琲豆が「ピコクリストバル」です。

コーヒー豆栽培に適した気候に恵まれ

その中でも厳選なカップテストで合格した豆だけが

ピコクリストバルを名乗れる仕組みとなっています。

コロンビアですとメデリンも有名ですがこちらは北西部に位置していますね。

さてと、帰ったらピコクリストバルをドリップ

今からどのドリッパーを使うか、つい考えてしまいます。(仕事に集中しろと言われそうですが)

それでは一旦このへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました