バリスタを始めてそろそろ20年、コーヒーの楽しみ方は様々なれど、真の嗜好品の域を目指したいものです。

堀口珈琲さんの「グァテマラ エル・インヘルト ゲイシャ」フレンチローストを銅製ドリッパーで点てて飲んでみました。

入店

横浜は山下公園近くに大きな焙煎所を設けて

珈琲研究に邁進なさっている堀口珈琲さんの

代々木上原店限定で、なんとあのゲイシャ種を深煎りにして

販売なさっていましたので、即購入。

今回は2種のうちの1種

堀口珈琲さん焙煎「グァテマラ エル・インヘルト ゲイシャ」フレンチローストを

銅製ドリッパーで点てて飲んでみます。

ゲイシャ種といえば

華やかでフルーティな味わいと表現されているのを、よく目にしますが

その特性を引き出すべく、浅煎りにして販売されていることが殆どのようです。

ゲイシャ種を深煎りにしたら、どうなるんだろうと疑問に思って

自分で深煎りにしてみようかと思っていた矢先

堀口珈琲さん代々木上原店で出会うこと叶いました!

まずは王道の点て方で。銅製ドリッパー使用のペーパードリップで点ててみます。

豆量は安定したドリップをするべく、普段より少し多めの20g

湯温度は約90℃、珈琲液量はコーヒーカップ1杯分、150ccまでドリップします。

蒸らしあがりも綺麗です!堀口珈琲さんオススメのペーパードリップの仕方に沿って

泡の膨らみが平坦になったら再注湯を繰り返し、150ccまでドリップしたら

ドリッパーを外して、コーヒーカップに注ぎます。

さて、では飲んでみます・・・

浅煎りゲイシャ種であれば、カップを口に近づけるとフルーティな香りがしてきますが

今作はそれがありません。口に含んでみると、ゲイシャ種とは思えない

輪郭がしっかりとしていて、かつ飲みやすい苦味、焙煎香は感じません。

ゲイシャ種で苦味が楽しめるなんて、これぞゲイシャ種深煎りといったところでしょうか。

スポンサーリンク

この後、これは偶然の産物なのですが、電話が鳴ったので席を外しました。

長電話になったので席に戻ってくると、コーヒーは冷めています。

飲んでみると・・・なんとあのゲイシャ種のフルーティさに溢れているではありませんか!

熱々のうちは苦味の陰に隠れていて、冷めてくるとフルーティさが花を開いて

苦味が陰に隠れている印象です!

私にとっては1杯で2度楽しめる

いやそれ以上に楽しさ溢れるそんな1杯です。

まだまだ探ってみたくなる、そんな豆に出会えました。

堀口珈琲さん、ありがとうございます。

では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました