バリスタを始めてそろそろ20年、コーヒーの楽しみ方は様々なれど、真の嗜好品の域を目指したいものです。

ベースキャンプさんのバリ アラビカをフレンチプレスで点てて飲んでみました。

入店

先日ベースキャンプさんの「バリ アラビカ」をペーパードリップで点てたら

焙煎したばかりの飲欲をそそる香ばしさと

まろやかでいて奥深い濃くが出ました。

この奥深い濃くをもう少しハッキリとさせる為に

フレンチプレスで点ててみようと思います。

普段は平均的な味わいを出す為に中細挽きにしていますが

今回はより細挽きにして更に濃くを出してやります。

豆量は20g、約85℃の湯を200ccを愛用のボタムさんの

フレンチプレスにセット。蒸らし上がりはこんな感じです。

ぶくぶくしてます、どんどんガスが抜けていきます。

豆をセットして湯をかけてから約2分後・・・

だいぶガスが抜けました。再度蓋をセットしてもう2分待ちます。

豆と湯をちょっとだけ多めにしたのは

その分をアイスコーヒーにして飲んでみようかと思い立ったからです。

ホットでわからない味わいも氷を入れて伸ばして

アイスコーヒーにすると出てくる味わいもあるのです。

計4分待って、飲んでみました・・・

フレンチプレスで点てているのに、このスッキリさ。

オイルが少ししか浮いていません。わりと、さらりとしています。

驚くことに氷を入れて伸ばしてアイスコーヒーにして飲んでも同様でした。

ほぼ同じ味わいで、氷の影響でただただ

冷たい珈琲になっただけと言っても過言ではない味わいでした。

ペーパードリップで点てて飲んでみた味わいと

さほど変わりません。これはこれで凄いことです。

どんな点て方でも焙煎が上手ければ美味しいという話の証明は

若干出来たのかもしれませんが、奥深さの味わいの分析は

あまり進みませんでした。

焙煎したばかりですので、もう少し時間を置いてからの方が

違いが出てくるのかもしれません。

あらためて珈琲は奥深いものですね。

これだからやめられません。

では、今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました