バリスタを始めてそろそろ20年、コーヒーの楽しみ方は様々なれど、真の嗜好品の域を目指したいものです。

ルワンダ レッドブルボンをステンレスフィルターで点てて飲んでみました。

ステンレスフィルター

昨日、この焙煎直後のルワンダ レッドブルボンを

フレンチプレスで点てて飲んでみたところ予想通りの

ワインでいうところのボジョレーヌーボーの様な

若々しい味わいではあったのですが

フレンチプレスで点てたにもかかわらず

オイルがあまり出ないという、新たな出会いがありました。

これも若々しい所以なのか・・・またひとつ、検証してみたくなる

楽しみが増えました。

そのオイルがあまり出てない珈琲液の後味に

ココアの様な香りがあり、冷めてくると他が隠れて

この香りが強く出てくる印象がありました。

このフレンチプレスで点てた結果を念頭に置きながら

今回、この豆を購入して即、決めていた点て方

1番アロマが出るであろう、ステンレスフィルターで

点ててみます。

ココアの様な香りが更に強く立ち上るのか

1ヶ月後に同じ点て方で点ててみますが

どんな変化が起こるのか、これまた楽しみです。

では、まず豆をセットします。

豆量、挽き方と湯温度は昨日フレンチプレス点てた際と同じ

15gで中細挽きの約80℃、湯量は150ccにしました。

では、点ててみます。蒸らしから・・・

綺麗な湯乗りです、新鮮なのでブクブクしてます。

2投目・・・

リブ部分に流れ行くことなく、中央部分に止まりつつ泡の流れが上へ向いています。

良好です。3投目・・・

2投目と同様、引き続き中央部分に止まりながら上へ。

4投目・・・

上手く泡を残せてドリップを終えましたが

このフィルターをカップから外すタイミングもまた重要です。

落ちきるまで待ってはあまりよろしくない、NGとされています。

落ちきるまで待って、渋さが増した方が好きという方もいらっしゃるので

この点に関しても、まさに嗜好品ですね。

今回は落ちきる前にカップから外しました。

では、飲んでみます・・・

口に運ぶ前にかなり珈琲の香りが立ち上っています。

これもアロマが1番出るステンレスフィルターならではでしょうか。

フレンチプレスで点てた際に感じたココアの様な香りがだいぶ隠れて

グレープフルーツの様な香りと酸味が少し出てきた様に感じます。

これはもしや若々しさの為、まだ奥に隠れている味わいが

少し引き出せたのか・・・この結果を忘れずに1ヶ月後に同じ点て方で点ててみます。

ココアの様な香り、もしくはグレープフルーツの様な香りと酸味が

今日より強く出たら、こんなに嬉しく楽しいことはありません。

違ったら違ったでまた楽しいんですけどね。

では、今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました