バリスタを始めてそろそろ20年、コーヒーの楽しみ方は様々なれど、真の嗜好品の域を目指したいものです。

ダイヤモンドマウンテンをフレンチプレスで点てて飲んでみました。

フレンチプレス

先日、極粗挽きで点てて薄めにして飲みました

ダイヤモンドマウンテン深煎り豆。

今度はこの豆の持つ味わいをより引き出す為に

フレンチプレスで点てて飲んでみたいと思います。

豆量を多くすると濃さの為に

隠れてしまう味わいがあるので

少量の10gで中細挽き、湯量はカップ1杯分としては

少し多めの180cc、湯温度は約85℃。

フレンチプレスに豆をセットして

湯を注ぎ、待つこと4分。

さて、飲んでみます・・・

珈琲の枠からは出ていないのですが

同時にほうじ茶を思わせるような味わい。

先日、ピーベリーブレンドの深煎り豆を

フレンチプレスで点てて飲んだ際

フレンチプレスの良さがあまり出なかったように

記憶しているのですが

このダイヤモンドマウンテンの深煎り豆では

ペーパーとは違うフレンチプレスの良さが

出たように感じます。

これだけのコーヒーオイルが出ました。

ざらざら感があり苦手という方も多いかと思いますが

豆が持つ全てを味わいたいという方には

フレンチプレスではないでしょうか。

フレンチプレスに残る豆の出がらしを片づけますね。

台所の洗い場で流してしまうと排水管が

詰まってしまう恐れがあるので

出がらしに、少し水を入れて流すようにして

ゴミ袋に移しています。

フレンチプレスは痛まないように、きちんと洗って乾かして

また何時でも他の豆で点てられるようにしておきます。

ダイヤモンドマウンテン、今度は

アイスコーヒーにしてみたいと思います。

では、今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました